便利に使えるiTunesカード

iTunesカードを販売する方法です。
販売の方法の1つとしてインターネットのオークションを利用する方法を紹介致します。
簡単な方法としてヤフオクなどのインターネットオークションサイトを利用します。
この方法のメリットとしてはネット上で販売するだけなので手間がそれほどかかりませんし、 家に居てネット環境さえあれば誰でも手軽に出来るのが利点になります。
ただ、若干手数料などがかかってしまうのがデメリットはあります。

iTunesカードを販売するには

iTunesカードを販売するには iTunesカードを販売する方法なんですが、 インターネットオークションを利用する方法の説明になります。
※ヤフオクなどに登録する場合は手数料等が若干かかります。
QUICKDOなどのオークション代行に頼れば、登録手数料等はかからないのですが、 落札時に8%~の数パーセントの利用料がかかります。
楽天のラクマというスマホアプリも出品する事自体には手数料はかかりません。
1つの例として、ヤフオクに出品する場合の例を書いておきます。
やり方は簡単で、登録したら、まず出品するを選んで、 題名にiTunesカード販売とか、iTunesカードの枚数に応じて、 iTunesコード×~など書きます。
送料をかけないですむのがコードを落札者に教える方法なので、 iTunesコード×~ 販売とかすると送料かからなくてすむのでお薦めです。
説明分にはコードのみのお知らせですと書いておけば大丈夫です。

iTunesカードは個人で販売しづらい

iTunesカードは個人で販売しづらい iTunesカードは、記載されているコードをチャージすれば、Appleの提供する各種ストアの決済に利用できる便利なものですが、贈答品としてプレゼントされたり、懸賞やキャンペーンで当選するなどして、余ってしまうことも少なくありません。
そんな時は、何らかの形で転売をして、現金化するのもひとつの方法ですが、ここに来て、その周辺の事情は、大きな変化を見せています。
インターネットオークションや、フリーマーケットアプリを介して、iTunesカードをはじめとするプリペイドカードなど、換金性の高い商品を転売をする行為は、マネーロンダリングが疑われるとして、出品が禁止されている傾向にあり、いくつかの個人売買サイトにおいても、利用規約として金券類の出品の禁止が明確化されるなど、特にインターネットを介しての個人による販売がしづらい状況にあります。
それでも、手元に使わないiTunesカードがあり、有効活用をしたい場合には、リサイクルショップや金券ショップに持ち込むという方法があります。
これらの法律に則った古物営業法の届出を済ませているショップに買取を依頼するという形であれば、現在でも個人が合法的にiTunesカードを販売することが可能です。

iTunesカード関連オススメサイト

iTunesカードが格安で販売されているサイトです。

iTunesカードを町田で販売

新着情報

◎2017/7/5

iTunesカードって何? の情報を更新しました。

◎2017/7/5

支払い方法の併用 の情報を更新しました。

◎2017/6/30

サイトを公開しました

「iTunesカード 販売」
に関連するツイート
Twitter